セコム・メディカルクラブ SECOM
セコム株式会社
セコム・メディカルクラブの目的ご利用規約ご利用Q&AHOME
生活習慣チェックほっと健康ライン医療情報サテライトサービス一覧
医療情報サテライト
Vol.11 気胸と内視鏡手術について 第2回(全2回)
監修/黒川良望先生
内視鏡手術の特徴は?
~最新の治療法とは?~
最近の主流は、内視鏡を使って行われるものです。胸の側部の皮膚を1センチ程度切り、そこから先端にカメラのついた細い内視鏡を入れます。さらに、もう2~3カ所、5ミリほどの小さな穴をあけて特殊な器具を入れ、外部のモニターで患部を確認しながら切除や縫合といった作業を行います。麻酔医を含め、通常3人ぐらいのチームを組みます。



~この手術のメリットは?~
いちばんのメリットは、キズが小さいということです。以前は、胸を大きく切り開いて手術を行っていましたが、それに比べると術後の痛みも格段に少なく、キズ跡も目立ちません。
手術時間も短縮でき、麻酔などにかかる時間を除けば、手術自体は通常20分程度で済んでしまいます。さらに、術後も翌日から一週間程度で退院できるなど、社会復帰もかなり早まりました。

~この手術のデメリットは?~
内視鏡での手術が原因なのか、よくわかっていないのですが、データ的には、大きく切るよりも、わずかに再発率が高いということが挙げられます。しかし、これも今後の研究により、改善されていくものと思われます。


気胸と内視鏡手術について
第1回
第2回
内視鏡手術の特徴は?
内視鏡手術って安全なの?
黒川良望先生プロフィール

Copyright 2003-2009 (C)SECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. リンクセキュリティ/プライバシーポリシー