セコム・メディカルクラブ SECOM
セコム株式会社
セコム・メディカルクラブの目的ご利用規約ご利用Q&AHOME


知識 実践 見直し


ボーンクラークは、骨粗しょう症の予防・改善のために、北里研究所病院および青山のエミネクロスメディカルセンターでスポーツドクターとして活躍されている辻秀一先生によって開発された分析/トレーニング・プログラムです。
骨粗しょう症とは鬆(す:古い大根やゴボウの芯にある多くの小穴の空いた部分)が入ったように骨がスカスカになってもろくなり、骨折しやすくなる状態です。特に、閉経期を迎えた女性は骨粗しょう症をおこしやすいので、注意が必要です。このことを意識して、まずご自身のライフスタイルを見つめなおしましょう。
ボーンクラークは、「気付き」「行動」「継続」を目標に、運動を中心としたライフスタイルの修正を目指しており、知識コース、実践コース・見直しからできています。
知識コースは男性38問、女性48問で、気軽にチェックしながら骨粗しょう症のリスク判定をすると共に、骨粗しょう症の予防や改善に必要な知識を得ることができます。
実践コースは知識コースで学んだ骨粗しょう症に関する内容の簡単な確認と、運動処方に必要な調査項目に回答していただき、回答結果をもとにお客様にあった骨粗しょう症予防、実践的な運動処方の指導票を作成するものです。
結果に関してご質問のある方は、「ほっと健康ライン」をご利用ください。
ご利用はこちらからお願いいたします。



Copyright 2003-2009 (C)SECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. リンクセキュリティ/プライバシーポリシー